×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

葉
仮性近視や真性近視・遠視などの視力低下に対し、私の体験などや全国調査の結果、お薦めの千葉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫の眼科・視力回復センター情報です。

1.危ない視力回復センター・視力回復グッズの
体験事例


まずは、私が知っている実際の体験情報の一部を掲載します。
もし、これと同じような状況に遭遇しましたら、ちょっと気を付けて下さい。


体験事例1.― 『ツボ療法』の視力回復センター


悪い視力回復センターに入りそうになった知人の友人の体験です。


娘の学校の視力測定で、娘の視力低下を知り、あわてて、フリーペーパーなどに大々的に広告が載せてある「ツボ療法」の機器を使った視力回復センターに、先日、体験療法に行った。

広告には料金・費用が一切、記載されていなかったので、ちょっと不安でしたが、広告にはめざましい成果が出たと体験談や視力回復グラフが掲載されていたので、それに魅かれて行った。

【体験事例1−全文】






体験事例2.― 自宅用の視力回復グッズ−その1


様々な視力回復用グッズがインターネット等で販売されています。これは私の知人の失敗談です。


きっかけは小学生の子供の視力が低下に対して、何とかしてやりたいという親心からであった。そして、いろいろとインターネットで調べて、すごく効果がありそうな視力回復グッズを見つけた。
そこはインターネット販売だけでなく、視力回復センターとして実際にやっていたので、てっきり信用してしまった。

【体験事例2−全文】






体験事例3.― メガネの掛け方


私がメガネを掛け始めたのは、もう数十年前のことでした。

当時、眼科さんでメガネを処方してもらったんですが、お医者さんはメガネは掛けたり外したりせずに、掛けっぱなしにしなさいと、おっしゃいました。
メガネを作ってもらった眼鏡屋さんにも、同じ事を言われました。

だから、勉強のときも読書の時も、ずーとメガネを掛けっぱなしだったのです。
でも、近視は急激に進んでいきました。

【体験事例3−全文】






体験事例4.― 近視の基本知識さえ持っていない視力回復センター


インターネットで全国の視力回復センターのサイトを見ていたら、奇妙なところを発見!!

某視力回復センターでは、パソコン用の動体視力ソフトを店で使っていたり、インターネットで販売している。
そこで、インターネットで実際にその動体視力ソフトのデモを使ってみた。

確かに動体視力のトレーニングには良いかもしれないが・・・・・・・・。

視力回復と動体視力?
確かに視力という言葉がどちらにも付いているのだが??????


【体験事例4−全文】






体験事例5.― 高額な設定料金の視力回復センターに注意!!


料金が高ければ、「内容が優れている」「効果が高い」と思っていませんか?

実は私も以前はそのように思っていました。
半年間で20〜30万円は当たり前だと・・・・・。
それで、自分の子供の近視が治るならば、仕方がない料金だと・・・・・。

ところが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【体験事例5−全文】






体験事例6.― 自宅用の視力回復グッズ−その2


「自宅でできる視力回復グッズというと、とっても聞こえがいいけれど、果たして効果はあるんだろうか?」と疑問をお持ちの方も多いのでは・・・・・・・・・・・・。

最近、私がインターネット通販で申し込んだ視力回復グッズについてです。

道具一式3万円弱ということと、1ヶ月以内であれば返品可能ということ、さらにHPが割合と充実していたからということで、某グッズに決めて申し込みした。

でも、送られてきたグッズを見て、思わず笑ってしまった。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【体験事例6−全文】






メモパッド 1.危ない視力回復センター・視力回復グッズ・メガネの体験事例
メモパッド 2.視力低下に気付いたら −どうしたらいいの?ー
メモパッド 3.視力回復センターへの新たな期待とは
メモパッド 4.信頼・安心できる視力回復センターを見分ける5つの重要ポイント
メモパッド 5.絶対に避けたい視力回復センターとは
メモパッド 6.子供の視力低下時に気をつけたい親の行動とは
メモパッド 【参考】お薦めの眼科・視力回復センター(千葉・東京・神奈川・名古屋・大阪・神戸・その他)
トップ アイコン
0.トップ          関連リンク集    用語集


信頼・安心できる視力回復センターの選び方のポイント!(子供や大人の仮性近視・近視・遠視などの視力低下の人に対して)
葉