×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

葉
仮性近視や真性近視・遠視などの視力低下に対し、私の体験などや全国調査の結果、お薦めの千葉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫の眼科・視力回復センター情報です。

【参考】 全国でお薦めの視力回復センター
(眼科病院も含む)


当初、私がお薦めしたい視力回復センターの名称とURLを掲載する予定でしたが、このサイトの公正性が失われる恐れがあると、知人から指摘を受けました。このため、地域名と簡単なコメントだけに致しましたことをご承知おき下さい。
 (2009年10月現在の情報です)




新潟県新潟市の視力トレーニング・センター
  • 「アテネオリンピック卓球日本女子チーム」、「同ライフル射撃日本チーム」 、「トリノオリンピック日本男子アルペンチーム」、「サッカーJ1横浜Fマリノス」 ほか、野球、バスケットボール、テニス、ボクシング、ゴルフ、競輪など、幅広いフィールドでビジョントレーニングの実績があります。視機能検査を行って、個人の目に合った疲れにくいメガネも作ってもらえます。

千葉県浦安市の眼科病院
  • NHKや民放などのTVにも多数出演。日本でも有数の視力トレーニングに積極的に取組んでいる、首都圏でお薦めの眼科病院です。院長・スタッフ、検査やトレーニング法など非常に充実しています。

東京都港区赤坂の眼科病院
  • オルソケラトロジーを広義の視力回復に含めるならば、日本におけるこの分野の草分け的な病院です。オルソケラトロジーの技術や実績面からも、とても信頼できます。

東京都港区北青山の視力トレーニング・センター
  • 脳内視力などの著書を多数発刊。本の内容は誇大表現の部分もあるが、センターの検査・回復方法に関しては比較的しっかりとしています。ただし料金・費用が高いところが難点です。大人から子供まで、人気があります。

東京都豊島区池袋の視力トレーニング・センター
  • 視力回復トレーニングのみならず、メガネなどの矯正も含めて、視力・視覚機能に関してのトータルサポートできるセンターです。小さいお店ながらも充実した内容です。

東京都江東区越中島のメガネ・視力のコンサルティング
  • メガネやコンタクトを単に見えやすくするだけの道具ではなく、視力低下の防止・視力改善の道具として、レンズの作成・メガネの扱い方等のコンサルティング、さらに視力トレーニングなど幅広く行っております。

神奈川県座間市のメガネ屋さん
  • 単なる眼鏡屋さんではなく、両眼視機能および視覚認知の回復トレーニングも行っています。米国オプトメトリー修士の資格を持っているので、ヒトの眼のことを知り尽くしたメガネ作成など高い信頼性があります。

愛知県名古屋市昭和区と緑区の視力トレーニング・センター(姉妹店2店)
  • 全国最大の視力回復センターに属してはいるが、この2店では個人ごとの眼の特性を測定・分析した上で、特性に合った機械+米国理論トレーニングや生活習慣の改善指導など、トータルサポートしています。地方でこれだけ充実した内容のセンターは珍しい。

大阪府吹田市の視力トレーニング・センター
  • 日本で最初にスポーツビジョンのプロとして、眼を心や身体を統合して考える"視覚行動システム"を提唱。イチロー選手をはじめとするプロ野球選手やJリーガー、プロテニスプレーヤーなど、トップアスリート達から、文字をスラスラ読むのが苦手な子供達まで幅広く対応しています。

兵庫県神戸市中央区の視力トレーニング・センター
  • 視力だけでなく視機能のトレーニングします。米国オプトメトリストが行っているため、信頼度は抜群です。著書やトレーニング用品の販売も行っています。兵庫県にお住まいの方には、是非とも一度、足を運ばれることをお薦めします。



メモパッド 1.危ない視力回復センター・視力回復グッズ・メガネの体験事例
メモパッド 2.視力低下に気付いたら −どうしたらいいの?ー
メモパッド 3.視力回復センターへの新たな期待とは
メモパッド 4.信頼・安心できる視力回復センターを見分ける5つの重要ポイント
メモパッド 5.絶対に避けたい視力回復センターとは
メモパッド 6.子供の視力低下時に気をつけたい親の行動とは
メモパッド 【参考】お薦めの眼科・視力回復センター(千葉・東京・神奈川・名古屋・大阪・神戸・その他)
トップ アイコン
0.トップ          関連リンク集    用語集


信頼・安心できる視力回復センターの選び方のポイント!(子供や大人の仮性近視・近視・遠視などの視力低下の人に対して)
葉